FC2ブログ

何処へ(3)

2020年05月30日 18:00

福島県猪苗代湖、舟津浜の夕暮れ

猪苗代湖船津浜

雲がなければ対岸に磐梯山を見る事ができます。



湖畔の桜

手前の枝は桜の蕾
あの頃、暖冬と言われても猪苗代湖の桜の開花時期は5月の連休頃でした。


2005年5月4日撮影

何処へ(2)

2020年05月26日 18:00

緊急事態宣言が解除になりましたが、まだ県を跨いでの外出は自粛を求められています。


岩手県岩手山の朝焼けです。

岩手山

手前の白いのはコブシの花です。
周辺の道路には、「←避難路」が描かれています。岩手山は活火山なのです。



八幡平

八幡平はなだらかな山に見えますが、標高は1613mあります。


岩手県八幡平市にある県民の森キャンプ場

県民の森キャンプ場

この当時乗っていた車はランドローバーディスカバリー
13年ちょっと乗りましたが、10年を過ぎたあたりから故障ばかりでした(^-^;



八幡平アスピーテライン

5月の八幡平アスピーテラインは、雪の壁の間を走ります。


八幡平アスピーテライン

2005年5月3日撮影

何処へ(1)

2020年05月23日 18:00

来週にも「緊急事態宣言」が解除されそう…
解除されても泊りがけの旅行ができるのは、まだまだ先のこと

安心して出かけられるようになったら、どこかへ行きたい

燧ケ岳

尾瀬ヶ原より燧ケ岳を望む


至仏山

残雪の至仏山


朝霧の尾瀬

朝もやの尾瀬ヶ原

2006年6月4日早朝撮影

前年(2005年)に女性3人で1泊2日の行程で尾瀬歩き。
清水峠→尾瀬沼→山ノ鼻(テント泊)→鳩町峠

2006年はひとり参加者が増えて4人になり、山小屋泊となった。
御池→尾瀬沼→山小屋泊→三条の滝→御池

雨の日、おでかけ

2019年11月23日 17:13

まだまだ「猫撮り旅」の記事は続く(予定)のですが、ここでちょっと一服


大嘗宮の一般公開が始まったので、行ってきました。
昨日は真冬並みの気温、それに加えて雨。
そんなに混雑していないだろうと思ったら、

雨の日

混雑しておりました(^-^;



傘で見えない

傘の合間から、悠紀殿の屋根が見えました。



風俗歌国栖古風幄

右の建物が小忌幄舎(男子皇族が参列された建物)で、
左の建物が風俗歌国栖古風幄(楽師が歌を奏した建物)で、
その屋根の上に主基殿の屋根がかすかに見えました。


南神門

南神門、丸太で組み上げられた鳥居です。


寒かったけれども、見に行ってよかったです。


番外:女将の花便り

2010年03月06日 16:31

金曜日(5日)はとても天気がよく、スギ花粉さえ気にしなければ外出日和だったので、

長谷川等伯展

長谷川等伯展を見に上野の国立博物館へ行ってきた。


上野公園はソメイヨシノの名所だが、それ以外のサクラもきれいだ。

寒緋桜アップ

これは寒緋桜(カンヒザクラ)・・・


寒緋桜

鮮やかで濃いピンクの色は、遠目でもかなり目立つ。



国立博物館内の河津桜は、ちょうど満開で、

河津桜アップ



多くの人が写真を撮ろうとしてカメラを向けていた(ワタシもですけど・・・)。

河津桜の写真を撮る人たち

奥にある建物は、表慶館。


そして、その河津桜の木からすこし離れた場所にある寒桜(カンザクラ)は・・・・

寒桜

ひっそりと花をつけていた。


緑の中に満開の花を咲かせていたのは、

満開の大寒桜

大寒桜(オオカンザクラ)。


暖冬とはいえ、まだまだソメイヨシノが咲くまでは時間がかかりそうだ.

忍ばず池方面を見る

(大噴水前の広場より忍ばす方面を見る)



ブログランキング参加中(下のアイコン2カ所をクリックで投票になります)

にほんブログ村 猫ブログへ人気blogランキングへ

国立博物館は隠れたサクラの名所。
人で賑わう上野公園よりも、国立博物館内の庭園の方がゆっくりと花見が出来ると思う。
一度は足を運ばれることをおススメしたい。


最近の記事